風俗店員になったけどバックにはやっぱりヤクザがいるの?

風俗店員として働きたいけど・・・風俗店のバックにはヤクザがついてるってホント? - ヤクザと関わるのはお店にとってデメリットばかり

アーカイブ

ヤクザと関わるのはお店にとってデメリットばかり

風俗店といえばヤクザにお金を払って営業する許可を貰っている。という印象があるかもしれませんが、お店の営業を許可するのは国なので暴力団が口を挟むような筋合いは全くありません。
しかし、土地柄によってはみかじめ料を請求してきて、その代わりにトラブルがあった時には助けに行くという約束をするようですが、実際に遵守される事態はほとんどないようです。

繋がりがバレてしまったら

風俗店を利用する男性たちというのは殆どが一般的な会社員の人たちばかりなので、利用する時にも怪しい店じゃないかを徹底的に調べます。もしもヤクザと関わりがありそうなら当然避けるでしょう。
なのでお店側としては少しでも関わりを持ってしまったら客離れの原因になりますし、極力接触しないようにするのが常識です。トラブル処理に駆けつけてくれることも殆どありませんしね。

万が一のことを考えると

お客さんの中には風俗嬢ならば何をしてもいい。と思っているような男性も残念ながら少なからず存在しているので、みかじめ料を払っているのならば暴力団に解決して貰いたくなるでしょう。
しかし、実際にはトラブルが起こっても男性店員がどうしかして解決しなければいけないケースが殆どなので、高いお金を毎月納めていたとしても何の意味もありません。ただの無駄な出費です。

安全な経営をしたいなら

もしもヤクザのようなアウトロー集団に多額のお金を渡しているのが警察に発覚してしまったら、厳しく取り調べされますし、その間は営業停止になるのでお店が潰れる可能性もあります。
ようやく再開できたけれども、在籍してた女の子たちは全員他店に移籍してしまった…。という事態になってもおかしくはないので、怪しげな連中とは関わらないのが一番ですよ。

関連する記事