風俗店員になったけどバックにはやっぱりヤクザがいるの?

風俗店員として働きたいけど・・・風俗店のバックにはヤクザがついてるってホント? - 一般人が起業して風俗店を経営することも多い

アーカイブ

一般人が起業して風俗店を経営することも多い

たまにニュースで暴力団幹部で風俗店店長の〜容疑者が。なんて報道を目にするので、やっぱり水商売ってヤクザの息が掛かっているんだ…。という勘違いは加速してしまうでしょう。
確かに、明らかに資金源として機能しているお店もあるかもしれませんが、最近は脱サラした元サラリーマンが起業するというケースも多くなっているので、安心なお店もたくさんあります。

風俗業界未経験なことも

一般人とはいっても、長年風俗業界で働いてきた人なんだろう…。という予想をされるかもしれませんが、実際のところ全くの素人のおじさんが独学で起業するパターンも案外多いです。
経営に関しての知識が充分あるのならば、決して不可能ではありませんし人間にとって性欲は切り離せないので、効率良く稼ごうと思ったら風俗店というのはやはり便利になります。

ヤクザが介入しないのは

近くに暴力団の事務所があると目を付けられやすくなるかもしれませんが、安全な地域できちんと認可を受けて営業しているのならば、みかじめ料を請求されずに済むかもしれません。
隠れるように経営しているとお客さんからも、何か後ろ暗い部分があるのだな…。と勘ぐられてしまうので、どうせなら思いっきり健全な営業をしているとたくさんの人たちにアピールしましょう。

恐れていると何もできない

一昔前ならばヤクザが借金のカタに女の子を風俗店で働かせる。なんていうケースもあったかもしれませんが、最近では滅多にありません。皆自発的に面接を受けて自分の意思で勤務をしています。
性に対して奔放な時代になったという側面もあるかもしれませんが、誰かに脅されているのではないのならば、利用するお客さんも純粋に楽しめる場所ですし不安がらないようにしましょう。

関連する記事