風俗店員になったけどバックにはやっぱりヤクザがいるの?

風俗店員として働きたいけど・・・風俗店のバックにはヤクザがついてるってホント? - 風俗店員になったからといって怯えないこと

アーカイブ

風俗店員になったからといって怯えないこと

風俗店で働くために面接に行ったら、明らかに見た目がヤクザだった…。やっぱり止めておこう…。という経験をした人もいるかもしれませんが、実は暴力団とは関係のない一般人なことがほとんどです。
経営者にもなってくるとお客さんとのトラブルを解決する為に矢面に立ちますが、その際には威圧的な見た目をしている方が有利なので、敢えて誤解を与える格好をしている人も多いと言えます。

実際に話してみると

外見が怖い人だと直接の上司であったとしてもなかなか円滑にコミュニケーションが取れないかもしれませんが、いざ会話をしてみると気さくな良い人だった。なんてこともよくあります。
あんまり第一印象で怯えてしまっていると仕事を教えて貰う時にもぎくしゃくしてしまうので、たとえ恐ろしい風貌なのだとしても積極的に話しかけてみると誤解が解けるはずです。

おどおどしてると舐められる

もしもトラブルがあったらどうしよう…。と不安を抱えながら働いているとどうしても態度に出てしまうので、お店の女の子たちに馬鹿にされてしまうかもしれませんし、男らしくありましょう。
この新人店員は頼りにならないな。なんて思われるのは男として避けたいので、常にはきはきとした態度で接するようにすれば、いざという時にトラブルも解決できて株も上がるでしょう。

店員が脅されることはない

お店によっては古い付き合いの暴力団との繋がりがあるかもしれませんが、ただの店員に対して脅しつけてくるような暇なヤクザは存在しません。そもそも姿を目にすることもないでしょう。
あんまり気にしていると業務にも支障が出るかもしれませんし、そういうこともあるか…。という風に割り切りながら働くのも長続きさせるコツだと言えます。くよくよするのは止めましょう。

関連する記事